JAXA(宇宙航空研究開発機構)特許をベースに共同開発

電圧均等化モジュールは、JAXA特許をベースに開発したものであり、キャパシタの能力を最大限利用することが可能となりました。これにより、今までキャパシタが使用できなかった領域への展開が期待されます。
蓄電源は、電圧均等化モジュールをベースに幅広い電圧変動の入力を取り扱うことを可能としました。
また、蓄電源からの直流出力はもとより、直接交流(擬似正弦波)を出力することも可能としました。
これにより、エネルギー変動の大きな自然エネルギー利用への展開が期待されます。
電圧均等化モジュール・蓄電源事業は、JAXA特許をベースに共同開発(JAXA・JCC)した特許技術による蓄電装置の開発・製造・販売を行います。

開発製品

無停電電源装置

従来、電圧変動が大きく、電圧制御に多くの電力を消費することから、短時間でしか使用できなかったキャパシタを、JAXAの電圧均等化制御技術を用いた高効率電圧制御回路と組み合わせることによって、長時間の使用に耐える電源装置を実現しました。
無停電電源装置にキャパシタを用いることにより、-20℃~60℃の広範囲の環境温度にて使用でき、電池の3倍以上の長寿命での使用が可能となります。

電源製品一覧へ



開発品へ

交流出力可能な蓄電源装置

自然エネルギーの発電電力は天候によって出力が大きく変動します。この自然エネルギーを扱う蓄電源は、従来、入力電圧変動に対し昇降圧回路で定電圧化する必要があり、電力を多く消費していました。
本蓄電源は、JAXAの蓄電池均等化制御技術を用いることにより、入力電圧変動に対する昇降圧回路を不要とし、幅広い入出力電圧に対して高い入力効率と高い電力変換効率を実現しました。

準備中

News Topic

JAXA COSMODE PROJECT

このページのトップへ