品質・環境への取り組み

品質への取組み

JCCは、製造設備もすべて自社で設計、製造し、独自の生産技術を確立しています。
そのため、品質を保ちながらリーズナブルに製品を供給することができます。

品質要求に応えるために

ISO9001 ISO9001

電極箔は原材料に高純度のアルミニウムを使用しているため、季節などによって品質が変動しやすく、生き物といえるほどデリケートな扱いを要します。そのなかでお客様にいついかなる場合も同じ品質を提供するために、JCCは「アルミ電極箔の専業メーカー」として長年培った経験と、蓄積されたデータベースをもとに、日々の温度・湿度や状況に応じた高精度な工程管理を実現しています。

さらに、1994年、千葉工場において業界で初めて品質認証(当時ISO9002)を取得し、2001年には全社でISO9001:2000認証を取得するなど、製造設備から供給まで、JCCならではの高品質な一貫生産体制を実現しています。全ての製造ラインが24時間の制御・監視体制をとっており、品質、コスト、納期すべてに納得いただける製品の安定供給を可能にしています。

製造設備を独自に設計して

1957年、アルミニウム電解コンデンサ製造のコンサルタントとして創業したJCCは、創業当時より、「常に進化するアルミニウム電極箔の独創的技術を、スピーディに製品に反映する」という基本方針のもと、アルミ電極箔の製造機器の設計・製造も自社で行ってきました。現在、自社ブランドの全ての製造ラインには長年のノウハウと独自技術が詰まっています。

技術研究から設備設計・製造までの一貫体制は、JCCの技術進化の理想的なスパイラルを形成。なぜなら、製造設備を自社開発することによって、スピーディな製品化を実現できるだけでなく、設備の進化を製品の新たな進化へとつなげていくことができるからです。こうした技術の進化と設備の進化の相乗効果によって、多くのお客様に信頼されるJCCのアルミ電極箔を生み出しています。

JCCグループ品質ISO9001認証取得状況

表を左右にスワイプして閲覧できます。

認証サイト 登録日 登録番号
日本蓄電器工業株式会社 1994年10月28日 JQA-0648
日本軽金属株式会社
蒲原電極箔工場
1996年12月25日 JQA-1509
信英蓄電器箔株式会社 1998年9月11日 JQA-2615

環境への取組み

「子供達(次世代)にきれいな地球を残そう」
JCCは環境に配慮した企業活動を行うため、環境理念・ 環境方針を掲げ、実行することを約束いたします。

地球環境保全に対応して

ISO14001 ISO14001

JCCは、創業時から環境保全に真摯に取り組んできました。例えば千葉工場では、アルミ箔を表面処理する際に生じる廃液を、汚水浄化の薬品(凝集剤)製造に有効利用し、無公害のシステムを構築しています。また日本軽金属株式会社との共同事業による蒲原電極箔工場では、水力自家発電の活用によって電力コストの削減と省エネを実現。さらに全てのライン工程で洗浄液を再利用するなど、環境負荷を下げる思想を貫いています。2004年には全社でISO14001認証を取得。環境に配慮した企業活動を行うため、「子供達(次世代)にきれいな地球を残そう」という環境理念を掲げ、実行することを約束しています。

JCCグループ環境ISO14001認証取得状況

表を左右にスワイプして閲覧できます。

認証サイト 登録日 登録番号
日本蓄電器工業株式会社 2004年10月22日 JQA-EM4282
日本軽金属株式会社
蒲原電極箔工場
2003年12月1日 JCQA-E-0511
信英蓄電器箔株式会社 2000年3月24日 JQA-EM0795